寝つきが悪いことが多く、熟睡もできない

寝つきが悪い時が多い。眠るまでの時間が3時間くらいかかったりするときもある。

その日にもよるが、寝ている途中で夜中に目が覚めてしまうこともある。
そこから寝付けなくなることもあった。

朝起きるときに寝起きが悪く、二度寝をよくしてしまい、家に出るのがギリギリになってしまうこともある。

熟睡できるときもあるが、それは本当に疲れているときにしかできない症状。
普段は、あと何時間しか寝れないのに…という症状に苦しむことが多い。

途中覚醒するときは、ラインの通知音で起きてしまうこともある。
ラインの通知音では、これから寝れる!というときに限って妨げられることもある。

そこから眠ることができずに布団の中でうずくまっている。
また、平日の昼間、休日の昼間から夕方にかけて睡魔が襲ってくることも多い。
夜は睡眠欲が全くと言ってもいいくらいない。

一度でいいから、夕方くらいまで寝てさっぱりすっきりしたというくらい寝てみたいという願望が今でもある。

 

普段心がけていることは

寝る前に携帯を見ないこと。
夜の食事を控えること。

ラインの通知音をオフにすること。
ストレッチ、筋トレをすること。
瞑想すること。

何か物事を考えると眠れなくなるため、何も考えないようにすること。
このようなことをすることで、寝れるようになりました。

どうしても寝れない日は、
ユーチューブでリラックスできる音楽を聴くこと。

ホットミルクを飲むこと。
敢えて寝ないこと。
違うことをすること。
ベットから一旦離れ、違うことをする。

寝違えない程度に寝る姿勢を変えてみる。
などを工夫して毎日やっている。
食生活でも、カフェインの取りすぎを控えるようにしている。

カフェインを1日2回までに制限し、夜寝れるようにしていく。
がっつり夕食を食べるとお腹が苦しくなるため、アイスなど
軽く食べれるものにする。

このような生活をしていると前よりはかなり気軽に寝ることができました。
この生活を今後続けていくことにしていきます。

寝起きを良くするためにサプリを飲むこともありだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です