寝起きが悪くて二度寝してしまうことが悩みです

寝起きが非常に悪くて悩んでいます。

目覚ましやアラームをかけても基本的には気づかない、気づいて止めたとしても二度寝をしてしまいます。

ベッドから離れた場所にセットしても、止めたあとわざわざベッドに戻り寝てしまいます。

寒さが厳しくなるにつれ寝つきも悪くなります。末端冷え性なため、手足の先が冷たくなりすぎ布団に入ってもしばらくは寒さによる身震いが止まりません。

ある程度時間が立ち、体が温まるまでは全く眠ることができません。

また、寝る時に静かな状態だと寝つくことが難しくなります。周りが静かなことで、ちょっとした物音にも過剰に反応してしまい気が散り寝つくことが出来なくなってしまいます。

寝付けないことで夜が明けることもあり、部屋に光が差し込むとますます寝つけなくなるという悪循環に陥ります。

仕事から帰宅する時間が遅いため、夕飯を食べる時間も遅くなり、それにより食後すぐには寝つけず時間がかかるということも悩みです。

 

ゆたんぽであたたかくして眠っています

寝起きの悪さに関しては、まずは本来起きるべき時間よりも+1時間早く目覚ましやアラームをセットするようにし、寝起きが悪く時間がかかったとしても遅刻などしないようにしています。

また、目が覚めたらベッドから起き上がる前に正座の状態でうつ伏せになり、大きく体を伸ばすことで体がすっきりし、起きやすくなりました。

余裕を持って起き、朝ごはんを時間をかけきちんと食べることも目を覚ますことに効果的でした。

寝つきについては湯たんぽを使用し、布団の中を暖かくした上でベッドに入ることで眠りやすくなりました。

また、ホットミルクやほっとゆず茶など温かいものを一杯飲むことで体を適度に温めるようにしています。

眠る時はテレビやラジオなど適度に音がするものをつけた状態で眠ることで物音などに過剰に反応しないようにしています。

また、カーテンは遮光にし、光で睡眠が妨げられないようにすることで眠りやすくなりました。アロマオイルを焚いてリラックスをし眠りにつきやすくしています。

サプリで寝つきがよくなるってハナシをうわさで聞いたので、試してみようと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です