バレーボールで足首を捻挫し、靭帯が切れ掛かった

私は小学校3年生から高校3年生までバレーボールをしていました。

怪我をしたのは高校2年生の時です。私はアタッカーで前衛にいました。相手のチームのアタックを止めるために、ブロックについて飛んだのですが、相手のアタッカーの選手がセンターラインを大きく越えて足を踏まれてしまいました。

そのときにうまく地面に着地ができない状態で左足首を捻挫しました。

そのときはただの捻挫かな~とそこまで気にしていなかったので、その日はそのまま試合をして、試合終わりにアイシングとテーピングをしてそのまま帰りました。

しかし家に帰って歩いてみると、左足首がぱんぱんに腫れて、すごく熱をもっていました。

なのですぐに病院に行って、診断してもらったところ左足首の靭帯が切れかかっているとのことでした。

靭帯は何束もの束で繋がっているそうなんですが、それがほとんど切れかかっていると言われました。治るのにも最短でも1ヶ月はかかるくらいの怪我でした。

 

テーピングとアイシングで生活し、痛み止めを飲んでいました

怪我をしてからは、常にテーピングを巻いて生活していました。

テーピングを朝巻いて、そのまま学校に行って一日過ごして、帰ってから氷をたくさんいれたバケツでアイシングをしていました。

テーピングで固定していても歩くのに痛むこともたまにですがあったので、松葉杖を使ってなるべく左足首への負担を減らすようにしました。

また、痛みがひどいときには、痛み止めを病院で処方してもらっていたので、その薬を飲んだりして痛みを解消させていました。

そして、怪我を治すために約1ヶ月くらいの期間病院に通って、電気を当てる治療を続けました。

電気の治療は、施術中はぴりぴりとして痛みを感じることもありましたが、電気の治療を約1ヶ月くらい続けることでかなりの改善がありました。

テーピングは欠かせませんでしたが、アイシングはだんだんとやらなくても大丈夫なくらいにはなりました。

だんだん痛みがなくなってからは、固く固まって弱くなった左足首のリハビリをし、回復しました。

ジョギングで痛くなった膝をサプリで解消できるので、私も予防をかねて飲んでおきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です