ブレイクダンスで肘を骨折してしまいました

ブレイクダンスをしていた時の話です。

ブレイクダンスは逆立ちや回転、アクロバットな動きをするダンスですが、僕が痛めたのは左肘です。左肘の剥離骨折をしてしまい、今でもまだ痛むときがあります。

病院の先生が言うには剥がれた骨が関節内で動いている為、場所によっては痛みを感じるとのことでした。

痛めた原因はブレイクダンスの決め技の一つで片手で逆立ちをして一瞬止まるというフリーズと言われる技があるのですが、その一つの技のうち、肘から掌までを地面に付けてフリーズをする技を練習していました。

僕はそれのさらに改良版の肘一点だけを付けたフリーズをしようと練習をしていたところ、ある時左肘にものすごい違和感を覚えて、痛みも増していき、どうしよーもなく我慢できなくなって病院に行くと剥離骨折と診断されました。

骨折をしてからかなり時間が経っていましたので固定しても元には戻らないと言われて、そのままの状態で痛み止めだけ貰いました。

 

病院からもらった痛み止めを飲んで肘をつかないようにしました

病院から貰った痛み止めを毎日飲んでいました。

それから肘を曲げると痛いのでしばらくは左手はあまり使わずに右手だけで過ごしていました。

また左肘を地面に着くのは激痛が走りますので、できるだけテーブルなどでも左肘だけは肘をつかないようにしていました。

その後もブレイクダンスの練習はしていましたが、左肘をつくような動きや、左肘を曲げなければいけない動きはできるだけ避けて違う練習をしていました。

痛みが大分収まってきた頃には痛み止めも2日に一回、3日に一回と段々と数を減らしていき、練習も徐々にできることを増やして行きました。

しかしその剥がれた骨の場所によっては激痛が走ることもあるので、そんな日は練習はせずに痛み止めを飲んで痛みを和らげていました。

3ヶ月もするとほとんど痛みもなくなってきたのでいつも通りの日常生活が、できるようになりました。

しかし左肘を着いた時などに骨の場所によっては痛みがある事があります。

ジョギングの影響で膝を痛めた時のサプリがあるので、それに頼りたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です