相手に合わせなくてはという思いから疲れる

人間関係に関して疲労を感じる事が多いです。相手に合わせなくてはと考え過ぎてしまうからなのかもしれませんが、自分というものが分からなくなってしまう時があります。

相手が喜ぶ事を。励ます言葉を。嫌な想いをさせないように。そういう事ばかり考えながら話していると、本当に疲れます。

そして、常に笑顔でなくてはいけない事も疲れます。相手が求める私でなくてはいけないのです。

自分の我を出せません。そうしていると、ふと自分ってなんなんだろう、と思います。

どれも全て自分だけど自分じゃない気がします。そう感じると自尊心も無くなっていきます。

自分に自信が持てなくなってしまいます。心が病んでしまうと、それは身体にも影響が出てしまいます。

だるかったり、頭痛に悩まされたりします。眠れ無くなってしまったりもします。眠れないと疲れが取れません。

つまり、いつも常に疲れ切っている状態です。心身共に疲労しきってしまっている状態なのです。

 

疲労の原因を見極めるようにしています

疲労の原因を見極めなくてはいけません。しかし、それはとても難しい事です。

色々な問題が絡まってしまっていて基となる問題が気付きにくいからです。頭が痛いのはなぜ?眠れないのはなぜ?食欲がないのはなぜ?最近、仕事の効率が悪いのはなぜ?

そうやって、自問していく事により、自分の中の深い所にある問題を突き止めていきます。

そして、それを解決するっという決意を固く持ちます。

こうでなければならないという、縛られた考え方を取り除きます。

ま、いっか。と割り切る事を覚えます。

それが、出来ていればこうはならなかったのですから、割り切る事はとても大変な事です。

ある意味、性格を変えなくてはいけませんのですから。

割り切る事が出来るようになると、とても楽になります。こうでなくてはならないと自分に課していたのであれば、きっと他の人を見る目もそのようにささて見ていたのですから。

しかし、割り切るようになれば、他の人をも割り切った見方をする事が出来ます。

そうすると、とても、心が楽になります。相手を尊重できますし、自分の自尊心をも培える事ができます。

疲れに効くサプリをランキングで見てみました。良さそうなので飲みたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です