出産を経験してお腹周りが気になるように・・・

20歳と21歳の時に子どもを産んで、お腹周りが少し気になるようになってしまい、まだ年齢的にも友達や家族と一緒に海やプールに行って、ビキニを着たかったので、他の人に見られても恥ずかしくないように痩せようと思いました。

周りはまだ出産経験のある友達も居なくて、お腹周りが気になるような子は少なく、自分だけきれいなくびれがないのは恥ずかしいなと思いました。

子どもは2人だけで、もうこれ以上産む気もなかったので、早く体型を戻して、また友達や子どもも一緒に海やプールに行けたらいいなーと思って頑張りました。

それに、若いうちに体型を戻しておかないと、産後時間が経てば経つほど戻しにくくなると聞いていたし、もともと細めな体型だったので、太るのがすごく嫌で、ダイエットの決意も固かったです。

あと、姉2人も細く、太ったら馬鹿にされそうだったので、それが嫌で「ダイエットしないと!」って思った気持ちもあります。

旦那さんにも、いつまでも女として見てほしいし、子どもにとってもきれいなママで居たいので、何歳になっても体型維持は頑張ろうと思っています。

 

友達と一緒にダイエット!報告はLINEで!

朝子どもが起きる前にランニングして、子どもがお昼寝したらカーヴィーダンスを20分以上、晩御飯は少なめに。

って感じで、2人目の妊娠中でしたが、2週間でウエストマイナス5センチだった時もあります。

雨の日は室内で踏台昇降運動をしたり、筋トレして、常に身体のどこかが筋肉痛になるように、出来るだけ毎日続けていました。

友達と1ヶ月間一緒にダイエットしていた時には、筋トレの回数を毎日夜LINEで報告し合って、意識を高めていました。

サボったらサボるな!って怒られるし、同じぐらいの身長・体重の子だったので、やっぱり負けたくないって気持ちもあったので、結構頑張れました!笑

他には、食事のカロリーを分かる範囲ですが計算して、1日1000キロカロリー以内に抑えるようにしたり、夜9時以降は水かお茶だけにするとか、サラダを最初に食べるとか、食事の面でも気を遣っていました。

1000キロカロリー過ぎてしまった日には、多めに筋トレして、絶対消費カロリーの方が上回るようにしていました。

あと、アプリをとって、体重を毎日記録していました。

それに、l カルニチンサプリランキングでサプリもチェックしていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です