ソフトボールで怪我をしました

私は20年ほど休日にソフトボールをしています。

基本的に体は頑丈なほうで体に投球や打球が当たることはしょっちゅうあったのですが特に怪我をすることなく過ごしてきました。

たまに肩が少し痛いことはありましたがそのままほっといたら自然と痛くなくなるような経験しかありませんでした。

しかし40歳を過ぎたある日の試合で私は打球に対してダイビングショップを試みて地面に体の正面からまともに激突しました。

その時すぐは何も違和感を感じなかったのですが、打撃の後1塁に走るときに膝がガクッと落ちる感覚がありました。

その日はそれぐらいの違和感でしたが、翌日になると膝に水が溜まって1歩歩くだけで膝に衝撃が走るような症状でした。

その日はそのまま仕事を終え、帰りに病院に行きました。病院ではまずは膝にたまった水を抜いてもらいました。膝から水がなくなると激痛は収まりました。

病院での診察結果は左膝後十字靭帯断裂という、今までの私からすると想像以上の重症でありました。

 

リハビリ治療を行いました!

私の怪我後十字靭帯というのは1流のアスリート選手なら靭帯をつなぐ手術をするらしいのですが、一般人の場合はリハビリをすればそのまま歩いたり走ったりできるようになるとのことで私は手術なしのリハビリ治療をしました。

靭帯には前と後ろがあって前の靭帯損傷の場合はもっとひどい症状になるらしいのですが、後ろの場合は前よりはまだましというわけです。

私の通った整形外科で膝の患部に電気治療をしたり膝の筋肉を取り戻すような治療です。

私の場合は今回のことで怪我として表面化したが、普段の姿勢なども影響するので普段の姿勢なども直していくようなリハビリでありました。

例えば足を上げてどのくらいそのままでいられるかといったものです。

それをやってみると怪我をした左足はすぐにその姿勢を保てなくなるのに右足ではその姿勢をずっと保てたりと明らかな差が見て取れました。

このようなリハビリを半年ほどやっていくと依然と全く変わらない動きを取り戻していき、現在では全く違和感を感じることがありません。

野球肩 サプリ ランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です