バスケで怪我をして靭帯がなくなった

バスケットボールをやってきて、怪我は、沢山しました。

両方の足首靭帯損傷、膝、靭帯損傷、、50肩、指の小指靭帯なくなりました。。

初めて、怪我をしたのは、人とぶつかり、パンダに目の形に似たように、顔面を腫らし、それは、アップ中のことでしたが、試合には、それで、出場、有名な監督の指導を受けていたので、弱音を吐くことのできない位置についていたため、きつかったです。

足首は、人に踏まれる、リバウンドで人の足に引っかかってしまいます。

膝は、水がたまり、何回も抜きながらトレーニングを続けてプレーをする。テーピングで固定するしかありませんでした。

人のひざの裏に足を持っていかれる、ちょっとした重心のかけ方により、いつ怪我をするかわかりません。

一番は、やはり人の膝の裏に挟まれて、痛めることです。がっちりと入ってしますため、痛くても抜くことができないのが、激痛です。

指の靭帯は、切り替えし速攻の時に痛め、もうすでにありません。

 

痛みがひどく、アイシングと温めを繰り返していました

腫れが引けるまで、温め、10分、アイシング、感覚がなくなりそうまで、冷やすの繰り返すことです。

それを、できれば5セットは、した方が楽ではないでしょうか。

家ではできるのは、あとは湿布を貼ること、位です。

最近の治療法も変わってきているので、担当医師に確認をしたり、リハビリをしてくれるところでは、赤外線センサーみたいのも、使ってるところがありますので、相談された方がよいと思います。

治療法最新で治療法を行ってっているところもあるので、一つではなく、何件か受診を受けるとよいと思います。

スポーツ整形が増えてきて、その病院の医師の方、資格も取っているのが、多いので、それも参考にしてみて、自分の本当にあった医師に診てもらえるとよいと思います。

後は、無理をしなくては、よい方は本当に安静、治療専念されることが、治療にとって良いことだと思います。

その時にしていれば、将来的に、身体はとても楽に過ごしていくことができます。

野球肩 サプリ ランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です