「未分類」カテゴリーアーカイブ

太った友人を見てダイエットを決意!

専門学生の頃、全寮制の学校に通っていた私は学校と寮との往復のみの生活でした。専門学校は男性が3人、寮ももちろん女子のみ、バイトは禁止。

そのような環境では恋愛の楽しみもなく、他の楽しみといえば食べることのみでした。

寮に入った学生はもれなく順に太っていき、またウエストの自由になるジャージで過ごすようになり、私もその一員となりました。

160cm、体重54kg。今まで50kgを経験したことのない私にとって衝撃的な体重でした。

献血車が来て「50kgあるから400ml献血できるわよ」と看護師さんから言われたのはその時期が初めてでした。

卒業式間近、私は偶然にも10年ぶりに小学校の友人と再会しました。驚いたことに小学生の頃私と同じくらいだったその友人は、私の2倍はあろうか、という体格になっており、大きな衝撃を私に与えることになりました。

さらにその友人は、仲の良かったもう一人の友人を誘って焼肉に行かないかと提案したのです。焼肉店で待っていたのは2倍になったもう一人の友人・・・衝撃的でした。

想像通り、二人とも食べる食べる食べる・・・自分の体重に衝撃を受け、友人の姿に衝撃を受けた私はダイエットを決意しました。

 

カロリーを計算してダイエットに励み5年で-7kg!

就職した私はまずは年齢、身長、なりたい体重、仕事による作業負荷量を考慮し、おおよその1日必要摂取カロリーを算出しました。

もちろん休日と出勤日は別々にカロリー設定しました。

私はともあれ運動音痴で、小さいころから運動することに楽しみを見いだせないため、運動によるダイエットは続けられないと判断し食事のみのダイエットを開始することに。

最低摂取カロリーは少なくとも守ること、もしそれが苦痛になった場合2週間に1回はご褒美のケーキなどプラスカロリーを許すなどのMYルールを設定。とにかく続けられることを目標に長い目でダイエットすることにしました。

100キロを超えるようなものすごく太っていたわけれもなかったため、特に目に見えて毎週体重が変わることもありませんでしたが数カ月に1キロ落ちる、ということを経験し5年の歳月を経て160cm、48kgとなりました。

7kg減です。

時間がかかった分、自分の体重には維持に厳しく、「1年に1kg増えれば5年で5kg」という気持ちで過ごし、それから8年ほどたち、30後半になりますが20代後半に取り戻した体重はそれ以来全く変わっていません。

今も私は、l カルニチンのサプリランキングをチェックしています!

 

自分が太っているとは自覚できなかったけれど・・・

私がダイエットをしようと思ったきっかけは大学生になり、自分自身の行動範囲が広がったことやアルバイトなどをして、自分自身が自由に使えるお金が増え、好きな服や靴、かばんなどを買いたい、周りの同世代の女の子がみんな痩せていて可愛い・・などと感じ始めるようになったからです。

それまでは、高校が規則に厳しかったこともあり、いつも自宅と学校との往復で、お休みの日にたまにお友達と原宿などに行く程度でした。

部活も運動部では無かったので、運動尾不足も重なり、高校時代は今までで1番のピークでした。

しかし、高校時代は体重が少し増えていることは感じていたものの自分が太っているということは感じていませんでした。

それが大学に入ると一気に世界が広がり、周りの女の子たちがみんな可愛く思え、それまではあまり見たことがなかった女性誌やファッション雑誌を見て、自分もそうなりたい、可愛いものが欲しいなどと感じるようになりました。そこから少しずつダイエットをするようになりました。

 

食事改善を徹底しました!

ダイエットには運動が欠かせないということは重々分かっていたのですが、もともと運動やスポーツがあまり得意ではなかったので、私が初めに行ったのは、食事改善でした。

それまでは好きなものを食べていたので、間食を減らしたり、また、同じ間食でもチョコレートやスナック菓子は控えるようにしたり、

食事の際も炭水化物を減らしたり、時折、当時流行っていたおからクッキーやDHCなどの置き換え食品を少し取り入れてみたりしていました。

しかし、それは一時的に体重を減らせることが出来てもリバウンドしやすかったり、同時に筋力や基礎代謝も低下しており、あまりいい方法ではないと分かってからは、少しですが、時間があるとき、太り始めた、食べ過ぎたと感じた時などに、自宅でTVや好きな音楽を聞きながら筋トレやアイソレーションなどをして身体を動かすよう心掛けました。

毎日やっているわけではないので、すぐに効果が見られるわけではありませんが、お腹は少し腹筋が出来たようで固くなってきました。

l カルニチンのサプリを探していたらランキングがあったので参考にしています。

 

たち仕事のせいで、毎日足の疲れが取れない

立ち仕事をしているので足のむくみに悩んでいます。毎日マッサージしても全然とれません。

若い頃は気にならなかったのに、どんどん象の足みたいになって、常に足がだるいです。

しかも、今では毛細血管が浮き出てきて足がところどころ紫になってしまっています。

また、寝ても疲れがとれなくなってきました。

肩と背中のコリがひどく、常に重いです。逆に寝すぎても肩がこりすぎてしまい、夜中起きてしまうくらいです。

きっと血流が悪いのだと思いますが、そのせいで吐き気や頭痛も出るようになってきましまた。

1日中通して調子の良い日がなくなってきました。毎日栄養ドリンクを飲まないとやっていけないくらいです。生理も1ヵ月以上来ない時もありました。

ホルモンバランスが崩れてしまってます。体も重くて朝起きるのが辛いです。夜も仕事が遅くまであるのでバテてしまって顔に疲れが出てしまうくらいです。

頭皮も赤くて、美容師さんにもストレスとこ睡眠不足と言われてしまいました。

 

食事と睡眠と運動を意識しています

食事と睡眠と運動を心がけています。食事は19時以降は食べないようにしています。

炭水化物や揚げ物ばかり食べずに野菜中心になるように献立を作っています。あとは、酵素のサプリメントを飲んでいます。

なんとなくですが、冷え性が治った気がします。

また、できるだけその日のうちに寝るようにしています。平均7時間は睡眠をとるといいと聞いたのでそれを実践しようかと思っています。

お風呂は必ず毎日湯船に浸かるようにして、湯船に浸かりながらマッサージをしています。

お風呂から出てもオイルで足のマッサージをしてストレッチをするようにしています。運動ほ家ではストレッチと腹筋をしています。

それだけでは物足りなくなってきたので、もうすぐジムへ通おうかと思っています。

運動不足もむくみの原因なので少しでも改善できるように有酸素運動と無酸素運動を繰り返してほどよく筋肉をつけていきたきです。

あとはなるべく体を冷やさないように暖かい食べ物、飲み会を飲んでいきます。

疲労回復 サプリ スポーツ

 

スッキリと目覚められずに心身ともに疲労困憊

毎朝起きるのがとてもだるいです。

スッキリ目が覚めたことがここ5年ほどありません。

肩こりや腰痛、ドライアイもひどくなる一方です。

自分の適正睡眠時間を把握してないというのもありますが、休みの日いっぱい寝ても、平日少ししか寝れなくても、等しくだるくて体が重いです。

いつも眠気が強く、朝から晩までずっと眠いということにもとても悩んでいます。

ロングスリーパーのような特徴は小さいころからあったので、気をつけてよく眠るようにしていますが、睡眠で疲れが取れたなと思ったことはほとんどありません。

長時間寝ないときついのに、骨格的に腰や肩が凝りやすく眠れば眠るほど凝りは悪化するという悪循環です。

全身の凝りがひどいせいか、血流も非常に悪く、むくみやだるさが残りやすいです。

また職業柄パソコンを一日中見ているので、眼精疲労もひどくたまに頭痛が起きるほどです。

色々対策をしても効果があったと感じるのは少なく、目が霞んで見えにくくなったり視力が落ちたりしています。

 

入浴後のマッサージやストレッチをおこなっています

身体の疲労はなるべく歩いたり、こまめに体を動かしたり、入浴を体の芯まで温まるようしっかりと湯船に浸かったりして、血流をよくすることを心がけています。

血流がよくなって凝りがマシになれば、睡眠の質もあがり疲労解消につながるのではないかと思っています。

また入浴後のマッサージやストレッチ、アイマスクや耳栓を着けて寝たり、寝具にこだわり自分専用の枕やマットをオーダーメイドしたりして、睡眠の質の向上を図っています。

またホットアイマスクを寝る前につけてみたり、ブルーライトカットメガネを日中使用したりして、眼精疲労の解消になれば良いなと思い取り入れています。

しかし、平日の日中は運動や入浴の時間にも限りがあるので、ジムなどに通ったりして運動量を増やしてみたいなと思っています。

また整骨院に一時期通っていたのですが仕事が忙しくなり通えなくなってしまったので、通院をやめてしまったのですが、また仕事が落ち着いたら通いたいなと思っています。

疲労回復 サプリ スポーツ

 

育児で肩甲骨が張った感じで疲れが取れない

2人目を出産してから、下の子をおんぶしたりする時間が増えてるからなのか、肩甲骨の張っている感じと肩の張りがあります。

また、授乳もしているからか腰から少し上の部分も張っているような感じです。

以前は上の子が背中に乗っても何ともなかったのに、今は乗られてしまうとぎっくり腰になりそうな感じで、重いものを持ったりするときや、高い位置にあるものを取ろうとするときもなりそうで怖いです。

夜寝てもなかなか体の疲れが取れなくて、ひどい時の夜は体が疲れて休息をとろうとしているのに、頭は起きているので金縛りのようなことが起きたりして、寝たいのになかなか寝れないということの繰り返しも起きることがあります。

また、子供が寝付いた後にパソコンに向かう時間が以前よりも増えました。

パソコンで作業をする際は、板場に何もしかずにそのまま胡坐でパソコンをしているので、足が冷えてしまうのか足の筋肉も張ってるような感じで、血液がスムーズに流れていない感覚で少し痛むときがあります。

 

お風呂で身体をほぐしたり、ストレッチしたりしています

お風呂上りになるべく柔軟体操をして、体をほぐそうとしています。

肩甲骨、腰が痛いのは体が硬いがためにそうなるらしいので、なるべくこれ以上は凝らないようにと考えています。

子供はおんぶせざるを得ないので、なるべく短時間にするか、おんぶする位置を高めにして腰や、肩に負担がないようにと工夫しています。

足の凝っている感じは、足が凝ってきたなと思ったら足を延ばしてストレッチしています。

ヨガとかもゆっくり動くので体に負担も少ないですし、痛くて気持ちがいいところで止められるので自宅でDVDを見ながらやっています。

血流をよくするために、湯船にじっくりとつかり、遣った際にはふくらはぎ、太ももをゆっくりとマッサージするようにしています。

体を冷やすのもよくないので、生姜を積極的にとったり、薄着はしないようにしています。夜寝る前は冷たい飲み物は飲まないようにして、温かい飲み物を飲んでいます。

ハーブティーとかの効能で自分に合ったやつがあればそれを飲んだりしています。ない時は麦茶をお湯で割ってぬるくして飲んでいます。

疲労回復 サプリ スポーツ

 

疲れが溜まっているときに、ふわふわと浮いたようなめまい

疲れがたまっているときはよくなります。

残業が続いたりして疲れがたまったときは、ふわふわと身体が浮いたような感じがするめまいがほとんどです。

しばらくすると、自然とおさまります。特に仕事中になることが多いです。歩いていてもふわふわしてるので危ないです。

そのほか、朝起きた時の頭の向きによってはめまいがおこり、起き上がれなくなります。

その時のめまいはくるくるめまいです。天井がくるくるして、とても気分がわるくなります。

その時も、だいたいは疲れが原因のようです。

ですが、くるくるめまいのときは、左側を向くとめまいが起こると分かっているので、出来るだけ左側は見ないようにしています。

くるくるめまいは、耳鼻咽喉科で、良性発作性頭位めまい症と診断されていますので、つねに頭の向きには注意しています。身体の調子が良いときは、気にせず左側も向けるのですが、自分で意識して左側は見ないよう気をつけています。

寝返りをうっただけでめまいが起こるときもあります。

 

処方箋を飲んだり、じっとして治めたり、慎重に起き上がります

どうしても重症なときは、耳鼻咽喉科に行き、処方箋をだしてもらいます。

ですが、ほとんどの場合、じっとしてやり過ごせば、めまいもおさまるので、放置していることがほとんどです。

ふわふわめまいのときは、少しじっとしていると、おさまってきます。仕事中にふわふわな感じが起こっても、じっとするしか方法がありません。

良性発作性頭位めまい症は、頭の向きによって、めまいが起きるため朝は慎重に起きます。

くるくる回り出した時は、回らない頭の向きをひたすら考えます。頭をあちこちに向けて、くるくるしない頭の位置を探します。

疲れがひどいときは、どの向きでもくるくるしてしまうので、あちこちと首を回らせ、めまいのしない位置をさがします。

とにかく疲れをためないことが1番大事なことなので、疲れたなーと思ったときは、早く寝るようにもしています。

良性発作性頭位めまい症は誰にでも起こりうるという話も聞いたし。やはり睡眠時間が大切ですね。

また、おすすめの自律神経を整えるサプリがあるので、試してみてください。

 

 

 

立ち上がった時にめまいが起き、人ごみでは嘔吐も

立ち上がった時にクラっとしためまいが起こります。足に力が入らないと言いますか、地面がふわふわしているような感覚がします。

手足に力が入らなくなり、立っている事さえ困難な状態です。

まずは朝起きたとき。体を起こすとフラフラします。ものすごく空腹感に悩まされるのですが、起き上がるだけでも辛いので食事もできません。

次に外出中。歩いている時は平気なのですが、信号などで立ち止まるとグラグラします。

人が沢山いる場所に行くと気持ち悪くなり嘔吐してしまいます。狭い部屋に知らない人と詰め込まれるのが苦手です。

最後は寝ているとき。夜中になると天井が回転します。

トイレに行って失神したこともあります。風呂場でも倒れかけた経験があります。顔がカーッと熱くなって、手足が震えはじめ、そのまま座り込んでしまいます。

数分ごとで回復しますが、心臓がバクバク鳴って涙があふれ出てきます。耳鼻科で診断してもらった結果、低血圧だと診断されました。

 

家にいるときには水分や糖分を摂ります

家に居るときは、まず水分をとります。

めまいを起こしているときは、脱水症状を起こしている可能性もあるので。お茶を一杯飲むだけでも、胃がすーっとして楽になります。

そして、可能なら一口だけでも食事をします。ご飯一口だけでも胃に入れると回復します。

チョコレートがあるなら、それを食べます。糖分をとると元気になれるからです。お米を食べるほうが満腹になるのですが、具合が悪い時はお菓子に頼ります。

どうしても動けないようなら、布団に潜り込みます。横になってジッとしていたら、少しは楽になるので。

めまいが起きている時は寝ているだけでもキツイのですが、かと言って起きているわけにもいきません。横になって目を閉じています。

できれば寝てしまうほうが楽です。それでも治らないなら薬を服用します。

基本は水分補給、食事、睡眠をたっぷりとって、最後の手段として薬を服用しています。薬は『ソラナックス』を半錠に割って飲んでいます。

他には、自律神経を整えるサプリがおすすめです。

 

持病の自律神経失調症によりめまいが起きやすい体質に

持病の自律神経失調症による不調と、もともと血圧が低くてめまいが起きやすい体質になっています。

それ以外には月経が近づいてきている時期に不調として現れることもあります。台風が来ているときもめまいを感じます。

今よりももっと血圧が低くて貧血になりやすかった時期があり(痩せすぎてしまい体力・抵抗力がなかったため)、その時期は今異常にめまいが起きやすい環境に身を置いていました。

血圧の方は今は体重を増やしたおかげで標準値まで上がり、ほぼ毎日感じていためまいが月1~2回ほどに減りました。

めまいの質としては回転性めまいが主で、椅子に座っていても立っていても突然視界が回り始めます。

ときどきふわふわとしためまいも起きますが、台風の時にふわふわします。

時間を選ばず起きる傾向にありますがめまいが出る時間帯は昼間が多いです。

一度、仕事から帰ってきて家に入ろうと石畳に足を掛けようとしたときにぐらっと視界が回りその場に座り込んだことがあります。

また、冷え性なのもあって体の足首や首・手首が冷えるとめまいが起きやすくなるので体を温めることを普段から意識して過ごしています。

 

分厚い靴下やヒーターで身体を温め、漢方薬も処方してもらっています

いろいろと手広く解消法を覚えて実践しています。

体を温めるのが基本で、服装で物理的に寒さを感じないように分厚い靴下を履くようにしています。

足や腕が良く温まるようにと、自分のPCデスクのすぐ横にヒーターを置いて体を温められるような空間を作っています。

めまいが起きているときには行いませんが、入浴で体をしっかり温めることもめまいの対策として行っています。

また、定期的に病院で診察を受けて漢方薬を処方してもらっています。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)という冷え性や自律神経の乱れの乱れを解消する目的の漢方です。

これを飲むと体質によく合っているのか、飲んで結構すぐにめまいがぴたりと止まります。

飲食においてはカフェインを避けるようにして食事は体を温める食材をよく食べるようにしています。

私はカフェラテが好きなのでよく飲みたくなるのですが、カフェインが入っているため量を少な目にしたり飲む頻度は低めにしています。

食事に関しては今のような秋冬であればしょうがを使ったスープやシチューで体を内部から温めるように意識しています。

また、サプリで自律神経を整えるのがおすすめです。

 

 

バレーボールで足首を捻挫し、靭帯が切れ掛かった

私は小学校3年生から高校3年生までバレーボールをしていました。

怪我をしたのは高校2年生の時です。私はアタッカーで前衛にいました。相手のチームのアタックを止めるために、ブロックについて飛んだのですが、相手のアタッカーの選手がセンターラインを大きく越えて足を踏まれてしまいました。

そのときにうまく地面に着地ができない状態で左足首を捻挫しました。

そのときはただの捻挫かな~とそこまで気にしていなかったので、その日はそのまま試合をして、試合終わりにアイシングとテーピングをしてそのまま帰りました。

しかし家に帰って歩いてみると、左足首がぱんぱんに腫れて、すごく熱をもっていました。

なのですぐに病院に行って、診断してもらったところ左足首の靭帯が切れかかっているとのことでした。

靭帯は何束もの束で繋がっているそうなんですが、それがほとんど切れかかっていると言われました。治るのにも最短でも1ヶ月はかかるくらいの怪我でした。

 

テーピングとアイシングで生活し、痛み止めを飲んでいました

怪我をしてからは、常にテーピングを巻いて生活していました。

テーピングを朝巻いて、そのまま学校に行って一日過ごして、帰ってから氷をたくさんいれたバケツでアイシングをしていました。

テーピングで固定していても歩くのに痛むこともたまにですがあったので、松葉杖を使ってなるべく左足首への負担を減らすようにしました。

また、痛みがひどいときには、痛み止めを病院で処方してもらっていたので、その薬を飲んだりして痛みを解消させていました。

そして、怪我を治すために約1ヶ月くらいの期間病院に通って、電気を当てる治療を続けました。

電気の治療は、施術中はぴりぴりとして痛みを感じることもありましたが、電気の治療を約1ヶ月くらい続けることでかなりの改善がありました。

テーピングは欠かせませんでしたが、アイシングはだんだんとやらなくても大丈夫なくらいにはなりました。

だんだん痛みがなくなってからは、固く固まって弱くなった左足首のリハビリをし、回復しました。

ジョギングで痛くなった膝をサプリで解消できるので、私も予防をかねて飲んでおきたいです。

 

ブレイクダンスで肘を骨折してしまいました

ブレイクダンスをしていた時の話です。

ブレイクダンスは逆立ちや回転、アクロバットな動きをするダンスですが、僕が痛めたのは左肘です。左肘の剥離骨折をしてしまい、今でもまだ痛むときがあります。

病院の先生が言うには剥がれた骨が関節内で動いている為、場所によっては痛みを感じるとのことでした。

痛めた原因はブレイクダンスの決め技の一つで片手で逆立ちをして一瞬止まるというフリーズと言われる技があるのですが、その一つの技のうち、肘から掌までを地面に付けてフリーズをする技を練習していました。

僕はそれのさらに改良版の肘一点だけを付けたフリーズをしようと練習をしていたところ、ある時左肘にものすごい違和感を覚えて、痛みも増していき、どうしよーもなく我慢できなくなって病院に行くと剥離骨折と診断されました。

骨折をしてからかなり時間が経っていましたので固定しても元には戻らないと言われて、そのままの状態で痛み止めだけ貰いました。

 

病院からもらった痛み止めを飲んで肘をつかないようにしました

病院から貰った痛み止めを毎日飲んでいました。

それから肘を曲げると痛いのでしばらくは左手はあまり使わずに右手だけで過ごしていました。

また左肘を地面に着くのは激痛が走りますので、できるだけテーブルなどでも左肘だけは肘をつかないようにしていました。

その後もブレイクダンスの練習はしていましたが、左肘をつくような動きや、左肘を曲げなければいけない動きはできるだけ避けて違う練習をしていました。

痛みが大分収まってきた頃には痛み止めも2日に一回、3日に一回と段々と数を減らしていき、練習も徐々にできることを増やして行きました。

しかしその剥がれた骨の場所によっては激痛が走ることもあるので、そんな日は練習はせずに痛み止めを飲んで痛みを和らげていました。

3ヶ月もするとほとんど痛みもなくなってきたのでいつも通りの日常生活が、できるようになりました。

しかし左肘を着いた時などに骨の場所によっては痛みがある事があります。

ジョギングの影響で膝を痛めた時のサプリがあるので、それに頼りたいと思います。